【目次生成】ショートコードで自動生成。記事内に目次を埋め込むWordPressのプラグイン。【Table of Contents Plus】

ども、Junicoです。

今回は紹介するのは、非常に便利なプラグインです。
よく使われるプラグインでもあるので、知らなかった人はぜひ使ってみてください。

目次を作るのって大変

読みやすい記事について考えると、「目次」は欠かせない要素だと思います。特に文章が長い記事の場合だと、「目次」は後で見直す際にも役に立ちます。

「目次」は、アンカータグを使えば作ることはできますが、実際にやってみると意外に時間のかかる作業なんですよね。そのうえ記事を書き直すとなると、「目次」を作り直す手間が発生してしまいます。

別のブログやWebサイトを運営していた頃は、自分もタグを駆使して目次を作っていたので、コンテンツの内容・ブログの記事の書き直しが発生した場合には、もちろんタグも打ち直す必要がありました。

…ぶっちゃけ、面倒臭い!! ( ˙-˙ )

Junico

「なんか良いモノ無いかな〜」とか思ってたら、ちょうど良いプラグインと出会うことができました。

「Table of Contents Plus」をインストールしよう。

通称:「TOC」。

プラグインの新規追加ページより「Table of Contents Plus」を検索しましょう。

プラグインのインストール・有効化の手順は他のプラグインと同様の手順。

「Table of Contents Plus」の使い方

このプラグインはショートコードを使用することで使うことができます。記事内の「目次」を設置したい箇所に“[toc]”(全半角) と打ち込むだけ。

たったこれだけであら不思議。見事に「目次」の出来上がり。♪

MEMO
h3などの「見出しタグ」を自動で読み込んで、「目次」に変換してくれます。記事を書き直した場合でも、自動で修正されるので非常に便利ですよ。

このブログでは、記事に目次を埋め込んでいますが、タグを使って作ったわけではありません。全てプラグインを使って作っています。

このプラグインを使ってると、改めてWordpressって便利だな〜って思う。(^ ^)

Junico

表示されない!?
ちゃんとタグを打っているのに、「目次」が表示されないって事があります。その場合は「ショートコード・タグの競合」が起きてる可能性が大です。ショートコード埋め込んだ付近に、他のショートコードやタグが有ると、うまく読み込んでくれない事が有るので、付近のショートコードやタグを調整してみてください。

デザインの変更について

このプラグインは設定画面からデザインを変更する事ができます。

設定より「TOC+」を選んでもらえれば、設定画面のページに飛ぶ事ができます。

また、見た目のデザインについては、CSSを編集する事でも変化させる事が可能になってます。CSSによるデザインについては、色んなブログで紹介されてますので参考にしてみてください。

参考

WordPressに目次を設定しておしゃれにデザインカスタマイズする方法(CSSサンプル8つ)About Life


と、今回は目次を作ってくれるプラグインについて紹介してみました。知らなかった人はぜひ試してみてほしいです。